岡本 文一 専任教員

受験生に一言
ガラスは、作品の形だけでなく、透明度・着色・表面の質感も自在に表現できる不思議な素材です。

専門分野

ガラスによる作品制作、工芸の歴史の研究

担当科目

造形芸術各論、分野別講座・クラフト1,2(ガラス)、ガラス1〜4、工芸史1,2、卒業研究

経歴

●早稲田大学卒業、東京ガラス工芸研究所研究科修了 ●日本ガラス工芸学会会員、日本オリエント学会会員 ●1985年「静岡県オリジナルクラフト展」静岡県教育長賞受賞 ●1986年、1987年「日本のパート・ド・ヴェール展」出品(フランス、ドイツ) ●東京、浦和、静岡などで個展 ●著書『富嶽六百景』、『ガラス器を楽しむ』、『パート・ド・ヴェールの技法』(共著)、『世界ガラス美術全集』(共著)、訳書『ヨーロッパのガラス』(オルガ・ドラホトバ著)など


「世親への問い-XV・XVI-」
素材:ガラス
制作技法:パート・ド・ヴェール、エナメル絵付け
高さ:左25cm、右23cm

「世親への問い−IX・X−」
素材:ガラス
制作技法:パート・ド・ヴェール、エナメル絵付け
高さ:左19cm、右21cm