牛島 達治 兼任教員

受験生に一言
すべての人は、限りなく広がる可能性を秘めている。その一端は、自らを信じる事から現れ出でる。

専門分野

美術的表現全般・パブリックアート

担当科目

造形デザイン3,4

経歴

●1985年頃より、自作の機械を使ったインスタレーションを発表し始める。(初期の頃は、これらを総称して「無用な機械」と呼んでいたが、意味合いの拡張とともに、意識は「文明全般」へと領域を広げつつある。) ●領域と領域の間にある境界線の上で「何か」を検証しているというのが、昨今の活動テーマ。


「土の為の生産プラント」
土と水の芸術祭 新潟市
2009年

「Homage to The Moon」
BankART Studio NYK 横浜市
2005年