メッセージ

11のコースから入学後に専攻を選べる。さらに、複数のコースを履修出来る

明星大学造形芸術学部が他の美術・芸術系の大学と異なる最大の特徴は、
入学の時点で、専攻を決めなくていい点です。
4年間という時間を活かし、さまざまなモノづくりにふれる。
そして自分の中にある、あらゆる可能性を模索していく。
複数のコースを専攻しながら、将来あなたの進むべき道を、ほんとうに進みたい道を、
じっくり、かつ、はっきりと決めることができる場所。
分野の異なる造形の技術を複合的に学べることで、
現代のアート・デザインの世界における創造の可能性を広げられる場所。meizoです。

入学後に選べる11コース

2年生で、ファインアート系、デザインA系、デザインB系、クラフト系の4分野のうちから2分野までを選択。
3年生からは、2年生で単位を取得した分野の中から、2コースまで選択して履修できます。

ファインアート系
  • 絵画
  • 木材造形
  • 空間造形
デザインA系
  • ビジュアルデザイン
  • プロダクトデザイン
  • 造形デザイン
デザインB系
  • テキスタイルデザイン
  • ファッションデザイン
  • ガーデンデザイン
クラフト系
  • 陶芸
  • ガラス

※ 3年生のコース選択には制限があります。以下の組み合わせは同時履修できません。 《絵画×プロダクトデザイン》《木材造形×テキスタイルデザイン》《造形デザイン×陶芸》《空間造形×ファッションデザイン》《ビジュアルデザイン×ガーデンデザイン×》の組み合わせは、カリキュラムの設計上、同時に履修できません。それ以外は、自由な組み合わせで履修できます。

※ 2012年4月現在の情報です。

体験教育が、きみの未来をつくる。

体験を重視したカリキュラムと、
企業へのプレゼンテーションや実際の商品開発などを体験的に学ぶ
「体験実習」「体験ファクトリー」などの授業を通じて、
実践力や社会での適応力を高めます。
「体験に勝る学びはなし」とは、かのアインシュタインの言葉。
地元企業や自治体など地域社会との強いネットワークを形成している
ここ〈meizo〉をホームに、学生のうちから思いきって社会に飛び出してみましょう。
失敗も、成功も、きっと、未来の糧となっていくはずです。

人を育てる体験教育

  • 特別プログラム「体験実習」
  • 産学公連携プロジェクト

体験教育について詳しくはこちら

メニュー