ビジュアルデザイン コース紹介

  • コース紹介
  • 在学生メッセージ
  • 授業&教員紹介

このコンテンツを閲覧するには、Adobe Flash Player(バージョン10以上)が必要です。
下記のバナーより、最新のFlash Playerをダウンロードし、インストールしてください。

Adobe Flash Player

また、ブラウザの設定でJavaScriptを無効にしている場合は、有効にしてください。

時代を、「視覚」からデザインする。

ビジュアルデザインコースでは、日々変化する時代の中で、モノゴトの本質を読みとり、デザインで方向を指し示していける力を身につけます。この力の源となるのは、個人の感性や想像力、そして基礎的な造形力です。本コースでは、点・線・面・立体と、まず「手」を使った表現に重点を置いて、今後のデザインの核となる感性を磨き、描写や構成力といった表現の基礎を習得します。その後、カメラや印刷機、コンピュータといった現代的機器を用いてデジタル表現を学び、さらにCI、ポスター、エディトリアルなど専門の各分野へと掘り下げていきます。デザインの現場は、アナログ・デジタル両面にバランスのとれた発想と技術、幅広い視野、高い教養、正しい理論をもった人材を求めています。本コースでは、そんな能力・資質を身につけたクリエイターを育成することをテーマとしています。

学びのポイント

  1. 日々進化する技術に対応し、コミュニケーションに
    必要とされる本質を読みとり、方向を指し示す。
  2. 前期基礎課程では「手」による表現を重視。
    平面構成や立体表現など基礎的な造形力を養う。
  3. パソコンなどデジタル機器を使った表現に拡張し、
    CI、ポスター、編集など専門の各分野に掘り下げる。

学生作品

より詳しくはギャラリーでご覧ください。

学生作品ギャラリー