理論(美術・デザイン) 授業&教員紹介

  • ポイント
  • 在学生メッセージ
  • 授業&教員紹介

「理論」の授業は、高等学校教諭1種、中学校教諭1種、博物館学芸員などの資格の必修科目となっており、ここで得た情報、知識、造形に対する読解能力は、卒業後、仕事の中でも活かせます。3年生では文献講読を通して、美術・デザインの歴史や美学の研究方法を紹介。4年生では卒業論文の制作に向け、さらに高度な読解力を身につけます。

担当教員 宝木 範義

理論(美術・デザイン)教員プロフィール

3年生の授業

文献を読み解く研究方法を習得する。

【課題・作業】
1.
美術・デザインの文献をどう読むか
2.
日本における代表的な文献の研究
3.
西欧における代表的な文献の研究
4.
キーワードの理解
身につく技術
  • 文献読解力と美術・デザインへの理解

4年生の授業

読解力を高め、自己の研究テーマを究める。

【課題・作業】
1.
欧米の原書講読
2.
最新情報の把握と理解
3.
自分の課題の設定
4.
論文執筆
5.
卒業制作
身につく技術
  • 文章構成力と美術・デザインへの深い認識