テキスタイルデザイン 授業&教員紹介

  • コース紹介
  • 在学生メッセージ
  • 授業&教員紹介

人の膚や生活、空間に最も近い布や糸、紙等を素材として使い、素材に華飾するのではなく成り立ちから考えて制作する授業です。自分の考えをしっかりまとめ、デザインし、表現することに力をいれており、企業の商品企画、販売企画や教員を目指す人が多くいます。

担当教員 佐久間 美智子

テキスタイルデザイン教員プロフィール

2年生の授業

テキスタイルの基本技法と素材の知識を習得する。

【課題・作業】
1.
不織布としてのフェルティング技法
2.
パターンのユニット及びレピート構成
3.
シルクスクリーンプリントと型染め
4.
織物の組織づくりと基本・応用制作
5.
織物によるテクスチャー表現
身につく技術
  • 布フェルト、立体フェルトの制作
  • イラストレーター・フォトショップを使用してのパターン制作
  • シルクスクリーンプリントおよび、型染め技法の習得
  • 織り組織ソフトの理解と、織物のデザイン
  • 素材とその扱いによる表現力

3年生の授業

さまざまな技法を使って、発想を形にする。

【課題・作業】
1.
フリーテクニックの習得
2.
技法の特性に合ったテーマとデザイン・表現への展開
3.
テキスタイルと人間の生活の関係性を考察しまとめる
4.
グループ制作
5.
客観性のあるデザイン制作と主観性の強いアート作品
身につく技術
  • 「素材と技法」とデザイン・表現の関係性を理解する
  • 発想力および、イメージデッサン力
  • 個々のアイディアのみでなく、集団思考としてまとめあげる力
  • 客観的な視点、考え方

4年生の授業

目的やテーマに沿った制作と、プレゼンテーション。

【課題・作業】
1.
テーマ「人と人」
2.
テーマ「人と社会」
3.
テーマ「人と空間」
4.
プレゼンテーション
5.
作品の完成度を高める
身につく技術
  • 目的を絞り込み、まとめる力
  • 必然性のあるデザイン・表現力
  • 自分の考えを明確に伝えるコミュニケーション力