空間造形 授業&教員紹介

  • コース紹介
  • 在学生メッセージ
  • 授業&教員紹介

絵画、彫刻など様々なジャンルを横断し、新しいアートを作り出すのが空間造形。多種多様な素材、メディアと格闘しながら作品を作り、展覧会を企画し、作品を発表する授業で、発想力、批評力、プレゼンテーション力、コミュニケーション力といった社会人として必要な能力を育てます。

担当教員 土田 俊介

空間造形教員プロフィール

2年生の授業

造形理論の習得と制作における実践。

【課題・作業】
1.
石膏、ゴム(ラテックス)、パラフィン(蝋)ガーゼ、鉛などを用いた立体作品の制作
2.
素材選択に関する造形理論の獲得とその作品への反映
3.
色・形の決定に関する造形理論の獲得とその作品への反映
4.
大きさの決定に関する造形理論の獲得とその作品への反映
5.
立体作品の歴史的成り立ちの理解とその作品への反映
身につく技術
  • ファインアートに対する深い理解
  • 素材・形態・色彩・大きさを決定する力
  • 基礎的な素材、道具を扱う技術

3年生の授業

さまざまな素材の加工技術を習得しつつ、個性を磨く。

【課題・作業】
1.
スポンジを用いた立体作品の制作
2.
アルミやジュラルミンを用いた立体作品の制作
3.
石膏型を用いた樹脂成型による立体作品の制作
4.
ロストワックス技法を用いた鋳造作品の制作
5.
ポートフォリオ、レポートの作成
身につく技術
  • 非鉄金属の加工技術
  • 石膏・シリコンでの型取り、樹脂成形、鋳造の技術
  • 現代美術への理解
  • 自身の造形理論
  • 文章読解力・作論能力

4年生の授業

これまでに学んだ技法を活かして創造し、批評する。

【課題・作業】
1.
鉄を用いた立体作品の制作
2.
石材を用いた立体作品の制作
3.
社会や美術史、美学などもふまえて作品を批評
4.
卒業制作
身につく技術
  • 電気・ガス溶接などの金属加工技術
  • 石材加工技術
  • 自身の造形理論
  • 現代美術への理解
  • 批評力
  • 文章読解力・作論能力