空間造形 コース紹介

  • コース紹介
  • 在学生メッセージ
  • 授業&教員紹介

このコンテンツを閲覧するには、Adobe Flash Player(バージョン10以上)が必要です。
下記のバナーより、最新のFlash Playerをダウンロードし、インストールしてください。

Adobe Flash Player

また、ブラウザの設定でJavaScriptを無効にしている場合は、有効にしてください。

素材をみつめ、技法を駆使し、空間を創造する。

空間造形コースでは、絵画、彫刻、メディアアートなど旧来のジャンルにとどまらず、それぞれの個性を重視して、自由な視点で創作する力を大切にしています。そのため制作では、鉄、石、プラスチックといったさまざまな素材や自然が作りだす光や影、重力までありとあらゆるものを使って、空間を創造していくことを学びます。その中から金属ひとつをとってみても、曲げたり、切断したり、溶接したりと多種多様な加工法があり、同時に他の素材と自由に組み合わせて新しい表現を発見することもできます。授業では、素材一つひとつの特性を学び、その素材に対する基礎的な技術と表現方法を修得。それ以上の高度な技術は、学生それぞれの作品の表現方法に合わせて学んでいきます。そして個々の学生がめざす表現に必要な能力を最大限に高め、作家・クリエイターとしての自立、可能性を育成していきます。

学びのポイント

  1. それぞれの個性を重視し、既存の枠にとらわれない、
    自由な視点で創作に取り組む力を身につける。
  2. 使用する素材、加工方法、表現方法は多種多様。
    組み合わせ次第で新しい制作手法も発見できる。
  3. 自身の考え方を持ち、作品や様々な事柄を言葉にする力、
    世界・社会の中に位置づける力、批評力を獲得。

学生作品

より詳しくはギャラリーでご覧ください。

学生作品ギャラリー