木材造形 授業&教員紹介

  • コース紹介
  • 在学生メッセージ
  • 授業&教員紹介

将来は、作家への道、美術教員をはじめ、造形力を生かした企画製造業、留学や大学院進学など、一生芸術に関わり人生を豊かにして行くことを目指します。木を通じて今を知り、何を表現して現代社会へ発信するのか、芸術的造形物の存在の意味を考えていきます。

担当教員 塩野 麻理

2年生の授業

「木」の性質を知り、技術・理論の基礎を学ぶ。

【課題・作業】
1.
素材・形態・色彩・大きさ・台座についての講義、レポートの作成
2.
作品制作のためのイメージスケッチ、ドローイング制作
3.
三面図の作成、素材に下図を写す
4.
製材、木取り、荒彫り、中彫り、仕上げ彫り
身につく技術
  • イメージを形にするための技術・技法の基礎
  • 手道具を使った作品制作
  • 電動工具を使った作品制作
  • 素材や道具を理解した上に成り立つ造形表現
  • 独創性のある造形表現への展開力
  • 基本的な文章読解力、作文力

3年生の授業

より高度な造形表現のために思考や技術を深めていく。

【課題・作業】
1.
大型機械を使った作品制作
2.
彫塑による作品またはエスキース制作
3.
「未来のおとなのための知育玩具」の制作
4.
作品発表(展覧会の計画、運営)
身につく技術
  • 制作に必要となる、さまざまな加工技術・技法
  • 制作における段階的案思考の構築・計画性
  • 作品の完成度を高める力
  • 作品のもつ安全性や教育効果などを考察する社会的思考力
  • 展覧会の運営に関わる企画力・実行力

4年生の授業

空間構成まで含んだ完成度の高い造形表現へ。

【課題・作業】
1.
「芸術的造形物の存在意味について」のディスカッション
2.
卒業研究コンセプト発表
4.
素材研究発表
5.
展示計画プラン発表
6.
卒業制作
身につく技術
  • プレゼンテーション能力
  • ディスカッションによるコミュニケーション能力の向上
  • 自身の造形理論の確立
  • 卒業研究を通して体験し、考えたことを自身の将来の行動目標へ活かす応用力