プロダクトデザイン 授業&教員紹介

  • コース紹介
  • 在学生メッセージ
  • 授業&教員紹介

最初は、使いやすいマウスなどの形を考え、高学年になるとイスや車、エコデザインやユニバーサルデザインなど、より高度な事に挑戦していきます。将来は、デザイナーや模型をつくる専門職のモデラー、企画職、デザインセンスを生かした販売の仕事、美術教員など、様々な職業につくことを目指します。

担当教員 浅井 治彦

2年生の授業

「考える、作る、伝える。」一連の基礎力を身につける。

【課題・作業】
1.
石膏による回転体の制作
2.
観察によるプランニング
3.
発泡剤で形を作り、塗装で仕上げる
4.
モノの撮影法
5.
プレゼンパネル基礎
6.
プレゼン基礎
身につく技術
  • モデル用図面
  • クイックスケッチ
  • 手書きレンダリング基礎
  • アイデア法
  • モデリング基礎
  • 人間工学基礎
  • 撮影法
  • プレゼンパネル作成
  • ファイリング
  • プレゼンテクニック

3年生の授業

応用力を身につけ、より広域・高度な表現へ。

【課題・作業】
1.
エコデザイン:環境に配慮した製品提案
2.
ユニバーサルデザイン:誰もが使える製品提案
3.
椅子:一枚のベニヤから組立式椅子を作る
4.
ギフト:商品を作り実際にお店で販売する
身につく技術
  • シナリオスケッチ
  • より高度なレンダリング
  • CG基礎
  • 意匠図面
  • 社会性を持ったアイデア展開
  • プロトタイプ制作
  • ユーザビリティ基礎
  • エコデザイン基礎
  • パッケージデザイン
  • 生産性基礎
  • コスト計算基礎
  • POP(販促)基礎
  • 店頭販売基礎
  • ポートフォリオ(作品集)基礎

4年生の授業

実社会で、より高い価値を持つデザインへ。

【課題・作業】
1.
小さな移動体:近未来の人が移動するための製品開発
2.
卒業制作:自らテーマを決め、培った力を最大限に注ぎ込んだ集大成の作品制作
身につく技術
  • 未来のための商品開発基礎
  • 自らテーマを決める力
  • 「考える、作る、伝える」の深化
  • 総合的にデザインをまとめ上げる力
  • 高い志を持ち、あきらめずに、やり続ける力