プロダクトデザイン コース紹介

  • コース紹介
  • 在学生メッセージ
  • 授業&教員紹介

このコンテンツを閲覧するには、Adobe Flash Player(バージョン10以上)が必要です。
下記のバナーより、最新のFlash Playerをダウンロードし、インストールしてください。

Adobe Flash Player

また、ブラウザの設定でJavaScriptを無効にしている場合は、有効にしてください。

人が求めるものを察知し、生活をデザインしていく。

プロダクトデザインコースでは、机や椅子、スプーンなど日常生活に欠かせない製品から、家電や自動車まで、多種多様な製品のデザインを学びます。プロダクトデザインの基本は、まず、自らの足で製品が使用される現場を見て、考え、自らの手でものをつくってみること。授業では木を削ったり、鉄を曲げたりと作品やあつかう素材にあわせて、さまざまな技術を習得。さらにはコンピュータを使った制作も実践していきます。大量に安く品質のよい「もの」がつくられるようになった現代において、単に美しさや流行性だけで商品の魅力を構成するのではなく、エコロジーへの配慮や、誰もが安心して利用できるユニバーサルな発想をもって、人、社会、地球に役立つものを創造していきます。

学びのポイント

  1. 環境に対するエコロジー概念や誰もが利用できる
    ユニバーサルな発想などグローバルな視点を重視。
  2. パソコンだけに頼らず、自らの足で現場を見て、考え、
    自らの手でつくることを大切にする。
  3. 自らの身体と頭で創作し、粘り強く決してあきらめずに、
    創作活動に向き合う高い志を育む。

学生作品

より詳しくはギャラリーでご覧ください。

学生作品ギャラリー