ガラス 授業&教員紹介

  • コース紹介
  • 在学生メッセージ
  • 授業&教員紹介

目標は、単に技法を習得することではなく、作品を制作する自分自身と人間を同時に探求することです。将来どんな分野に進んでも、絶えず自分自身と社会を見つめながら、自分の力を発揮し、責任を果たすことに繋がる教育を行っています。

担当教員 岡本 文一

2年生の授業

人間・自然・ガラス素材への想像力を育む。

【課題・作業】
1.
熔けているガラスを「吹きガラス」の技法で膨らませて器を作る
2.
粘土で原型を作り、石膏で型取りをした後、ガラスを充填して焼成する
3.
無色透明なガラスに着色や着彩(絵付け)をする
4.
ガラスに砂を吹き付けて彫刻を施す
5.
板ガラスを切断し、加熱して板ガラスを曲げ、自在に成形する
6.
ガラスを削ったり、磨いたりしながら、ガラスの特性を体験する
身につく技術
  • 熔けているガラスを扱う能力
  • 立体的な作品の造形力
  • 透明から半透明そして不透明まで、ガラスの透光性の理解
  • ガラスの可塑性や柔軟性への理解
  • ガラスの素材としての可能性を見つける力
  • 素材や造形への想像力

3年生の授業

ガラスを深く知り、より高度な表現へ。

【課題・作業】
1.
粘土原型からのガラス作品制作(2年生の時よりも高度な技術)
2.
原型から石膏型を作り、ガラスを吹き込んで成形する
3.
板ガラスを切断・接着・熔着しながら、板ガラスだけで造形作品を作る
4.
原型を砂型に写し、熔けているガラスを砂型に流し込んで造形作品を作る
5.
さまざまな色ガラスの断片を組み合わせて造形作品を作る
6.
今までに学んだ技法を組み合わせて、複合的な作品を作る
身につく技術
  • ガラスに対するより深い知識と高度な技術
  • 熔けているガラスを自在に扱う能力
  • イメージから完成までのプロセスに対する想像力
  • プレゼンテーションの能力
  • 自分自身への洞察力

4年生の授業

ガラス素材に向き合い、自分なりの方法論を確立する。

【課題・作業】
1.
4年間の集大成として、自分にとってのガラス素材を考える
2.
自分にとって「表現」とは何かを考える
3.
プレゼンテーションを通じて、上記を共有する
4.
最終目標としての「卒業制作」に全力を尽くす
身につく技術
  • 「考える、作る、伝える」の深化と確認
  • 自分という人間に対する絶え間ない自省と考察
  • 人間に対する考察と理解
  • 自然や素材に対する考察と理解
  • 対象を総合的あるいは多角的に考える能力
  • 自分で目標を設定し、目標達成のために必要なことを考え、実行する力
  • 目標達成のために継続して発揮できる力の養成と獲得