ガーデンデザイン 授業&教員紹介

  • コース紹介
  • 在学生メッセージ
  • 授業&教員紹介

ガーデンデザインの主となる要素を部分的に施工し、その後に施工図をつくる。あえて本来と逆のプロセスで行うことで、施工の仕組みを理解しやすくしているのが授業の最大の特徴です。自然に囲まれた広大な敷地があるからこそ実践できることが、造形芸術学部にはたくさんあります。

担当教員 榊原 八朗

ガーデンデザイン教員プロフィール

2年生の授業

頭の中のアイデアをもとに、図面を描く。

【課題・作業】
1.
植物、建物、人物、生物、自然など、あらゆる風景の撮影
2.
座学
3.
個人指導
身につく技術
  • 写真を使って姿、形、色彩、構図、透視図の仕組みなど、客観的な捉え方
  • イメージをスケッチする手法

3年生の授業

豊かな自然の中で庭づくりを行い、想像力を伸ばす。

【課題・作業】
1.
実サイズのガーデンの制作
2.
縮尺20分の1の正確なガーデングッズの模型制作
3.
個人指導
身につく技術
  • ガーデン制作の計画法
  • 模型の制作技術
  • ガーデンデザインのための想像力
  • クリエイティブ力

4年生の授業

庭づくりの体験・感覚を、理論にまで昇華する。

【課題・作業】
1.
デザイン理論を粘土模型で実践
2.
構成、構図、分割、遠近などの理論化
3.
ガーデン模型制作
4.
ガーデングッズ模型制作
5.
フラワーアレンジメント
6.
コンテナガーデン
7.
卒業制作
8.
個人指導
身につく技術
  • 構成、構図、分割、遠近などのガーデンデザイン理論
  • 立体感覚
  • 分析力