陶芸 授業&教員紹介

  • コース紹介
  • 在学生メッセージ
  • 授業&教員紹介

私たちの生活にとって「真の豊かさ」とは何か。「何を、何のために、どうやって」創造していくのか。陶磁領域に関わる専門的な技術力、表現力はもちろんですが、多様化した社会に「新しい価値」を提案することができるような、コミュニケーション力、プレゼンテーション力、コーディネーション力を備えた作家やデザイナーの育成を目指します。

担当教員 田上 知之介

2年生の授業

「土」に触れながら素材の性質と活かし方を学ぶ。

【課題・作業】
1.
やきものの基礎講義(成形、加飾、焼成)
2.
土の調整および土練り
3.
アイデアスケッチ
4.
紐成形による器の制作(陶土、磁土)
5.
下絵付けのためのスケッチ、下絵付け(呉須、紅柄)
6.
釉薬調合、施釉
7.
焼成実習
身につく技術
  • 土練り技術
  • 成形技術基礎(紐成形)
  • 焼成技術基礎
  • 絵付け技術基礎(手描き)
  • 施釉技術
  • アイデアスケッチ(思考力)
  • スケッチ(描写技術)

3年生の授業

基本的な成型技術を土台に、さらに高度な加飾技術へ。

【課題・作業】
1.
土練り
2.
ロクロ成形(ボール、碗)
3.
ロクロ成形(壷、花瓶、袋物)
4.
ロクロ成形(皿、平鉢)
5.
釉薬調合(講義:釉薬の性質とゼーゲル式)
6.
下絵付けのためのスケッチ、下絵付け(呉須、紅柄)
7.
釉薬調合、施釉
8.
焼成実習(還元焼成)
9.
アイデアスケッチ(花器のデザイン)
10.
原寸モデルの制作(石膏技法、石膏ロクロ技法)
11.
製図
12.
石膏原形の制作
13.
石膏型の制作
14.
鋳込み成形
15.
プレゼンテーションパネルの制作
16.
プレゼンテーション
身につく技術
  • 土練り技術
  • 基本的なロクロ成形技術
  • 絵付け技術(描写力、表現力)
  • ロクロ成形における施釉技術
  • 焼成技術
  • デザイン能力
  • 石膏ロクロ技術
  • 石膏型成形技術
  • 鋳込み成形技術
  • 製図技術
  • プレゼンテーションの基本能力
  • 鋳込み成形における施釉技術
  • 磁器土における焼成技術

4年生の授業

多岐にわたる陶磁表現から、社会に新しい価値を提案する。

【課題・作業】
1.
研究計画書の立案
2.
卒業制作:これまで学んできたことの集大成として自らテーマを決め、作品制作に挑む
3.
プレゼンテーション:自らの作品や考えを、与えられた時間の中で発表する
身につく技術
  • 計画性
  • 主体性
  • 高度な表現技術
  • 高度な焼成技術
  • プレゼンテーション能力
  • 作品展示能力
  • 基本的提案力