陶芸 コース紹介

  • コース紹介
  • 在学生メッセージ
  • 授業&教員紹介

このコンテンツを閲覧するには、Adobe Flash Player(バージョン10以上)が必要です。
下記のバナーより、最新のFlash Playerをダウンロードし、インストールしてください。

Adobe Flash Player

また、ブラウザの設定でJavaScriptを無効にしている場合は、有効にしてください。

あふれるイメージを、確かな技術で形にする。

陶芸コースは、自然の恵みである土と火を使い、人々の生活に豊かさを与えるものを創造します。自然の恵である「土」を素材として成形し、焼成してさまざまな器をつくるという行為は、大昔から現在まで続けられてきた人類にとってもかけがえのない文化です。授業では、手びねり、たたら、ろくろ、鋳込(いこ)みといった成形技術をはじめ、装飾技術、焼成技術などを幅広く学べます。その技術を用いて制作できるものは、湯呑み、飯腕、皿、急須といった日常生活の器から、建築陶磁、造形表現までさまざま。デザインからアートまで、それぞれの研究テーマにそって制作していきます。技術力や表現力の習得はもちろん、今日の多様化した社会のなかで自分の個性を発揮し、「新しい価値」を提案できるような、陶芸家、陶磁器デザイナー、教育者になることを目指します。

学びのポイント

  1. 「創る楽しさ」「使う楽しさ」を知ることを通して、
    自分を成長させ、創作において個性を活かす教育。
  2. 土や火といった自然の素材を使い、地球と人、人と人を結ぶ、
    もっとも古く、もっとも新しい芸術。
  3. 手びねり、たたら、ろくろ、鋳込(いこ)みといった
    成形技術をはじめ、装飾技術、焼成技術などを幅広く学べる。

学生作品

より詳しくはギャラリーでご覧ください。

学生作品ギャラリー